読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色覚異常を克服する10の方法

色覚障害(色盲色弱)です。失敗談や対処法、治療法など探るブログ

角膜移植で色盲は治るのか?

スポンサーリンク

目が不自由な人が角膜移植で視力を取り戻すことはありますよね。

あれで、正常色覚の人の角膜を色盲の人に移植したら、色が見えるようになるのではないか、そんなことを考える人もいるかと思います。

結論を言えば、見えるようにはなりません。

なぜなら、色を感じるのは角膜ではなく、目の後ろにある錐体という場所だからです。

そのことはこちらで書きました。

色覚異常になる原因は? - 色覚異常を克服する10の方法

角膜はカメラで言うレンズのようなもの。レンズを新しくしても感知するセンサーが故障していたらダメということです。

なので、逆に色覚異常の方の角膜を移植したからと言って、移植された人が色覚異常にはなりません。

色覚と角膜はまったく無関係だと言うことです。