読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色覚異常を克服する10の方法

色覚障害(色盲色弱)です。失敗談や対処法、治療法など探るブログ

色覚異常でも後悔しない生き方を選択しよう【固定記事】

日本人の男性の20人に1人。女性の500人に1人は色覚異常です。ざっと計算しただけでも300万人以上。・・・これほど多いのにもかかわらず、大きな社会問題になっていません。 しかし、色覚障害のある人は、人生の様々な場面で「あー、ふつうに色が見えていた…

補色と色覚異常の関係

補色とは、色相環 で正反対に位置する関係の色の組合せのことです。 赤と青緑、紫と黄緑、黄色と青紫などです。 相補的な色のことだから補色。余色、対照色、反対色ともいいます。 一般的に補色の組合せは色が引き立ち、目だてさせる効果があるそうです。 服…

色覚異常の分類には意味がない

色覚異常はその見え方で学説上、様々に分類されています。 人間が色を感知する錐体は3つですが、それを一つも持たない1色覚者は、色をまったく見ることができません。モノクロの世界に住んでいます。が、出現率は数万人に1人という割合で、非常にまれなこと…

色覚異常が正常な人より優れている点があります

色が見えないことは、すべての面で色が見える人より劣っているのか、と言えば、そうではない場合もあります。 つまり色が見えないことで有利になることもあります。 例えば、昆虫や動物が敵から身を守る際に『擬態』しますが、その擬態を色盲の人はかんたん…

色がまったく見えない完全色盲の世界とは?

ものすごい稀なことですが、この世の中には色がまったく見えない、モノクロの世界で生きている人々がいます。 いわゆる完全色盲。 3万人に1人という確率です。 映画「レナードの朝」の原作者で、神経科医オリバー・サックスによるノンフィクション本『色のな…

色覚異常の有名人

有名人、芸能人やスポーツ選手のなかにも色覚異常の方はいます。 統計学的にみれば男性の20人に1人なので、必ずいると思います。 しかし、あまり知られていませんね。みずからカミングアウトした有名人で私の知っている方は以下のような方です。 まずはハリ…

民間療法での治療について

現在の医学の常識では色覚異常は治らないが定説です。 ただし、昔から民間療法では色々試されてきました。 その中で20数年前に色覚治療で話題になったMクリニックについてお話しします。 そこは電気刺激によって色覚異常の治療をしていました。 実は私も一時…

色覚異常の遺伝子治療について

色覚異常、いわゆる色盲色弱の治療として、遺伝子治療の可能性について考えてみたいと思います。 色覚異常の遺伝は性染色体、伴性遺伝の劣勢遺伝です。 性別を決定するX、Y遺伝子のX遺伝子に色覚異常の遺伝子が乗っかっています。 遺伝病のひとつと考えられ…

角膜移植で色盲は治るのか?

目が不自由な人が角膜移植で視力を取り戻すことはありますよね。 あれで、正常色覚の人の角膜を色盲の人に移植したら、色が見えるようになるのではないか、そんなことを考える人もいるかと思います。 結論を言えば、見えるようにはなりません。 なぜなら、色…

色覚補正・矯正眼鏡の効果は?

色覚障害者向けに販売している補正眼鏡があります。 はたしてあれをかけることで、ふつうの人のように色が見えるようになるのか、と疑問の方もいると思います。 実際のところ、あの補正眼鏡でふつうの人と同様に色が見えるようになるということはありません…

色覚異常になる原因は?

どうして色覚異常になるか、遺伝的なことについてはこちらの記事で説明しました。 では、具体的にどこか欠けて色覚異常になるのでしょうか。 つまり、目のどこの部分が正常ではないのか。 色を認識する、最初のセンサーは網膜にある錐体です。 網膜は眼球の…

両親は正常でも色覚異常の子供が生まれてきます

色覚異常(色盲、色弱)は遺伝ですが、両親とも正常なのに子供が色盲というケースが一番多いです。 私もそうでした。 「両親は正常なのになぜ?」と感じる方も多いだろうと思います。 結論から言えば、この遺伝が伴性遺伝かつ劣勢遺伝だから、です。 まあ、…

社会性不安や対人関係について

他人と会話をするのに色覚異常ということでさほど困ることはないのですが、他人に自分の色覚異常を知られたくないという思いが強いと、新しい人との出会いをなるべく避ける傾向があります。 とくに色が見えないことで大勢の前で恥をかいたりすると、それがト…

色覚異常でも自動車の免許は取れるのか?

これから運転免許を取ろうと考えている色覚異常の方で、本当に自分でも免許が取れるのか不安な方はいると思います。 結論的に言えば、色覚異常でも自動車の運転免許は取れます。 ただし、免許を取得する地域によっては、簡単な色覚検査を実施するところもあ…

色覚異常の就職について②

色覚異常だと就けない職業・職種がありますが、ではそれ以外の一般企業だとどうでしょうか。 正直に言えば、就活の際、色覚異常が不利になるケースはあると思います。 しかし、企業がどういう基準で採用しているかはブラックボックス。第三者にはわかりませ…

色盲色弱の職選び・就職について

職選びについてお話する前に、断っておきたいことがあります。 色覚異常といっても人それぞれ「程度」があります。 色弱の方の職選びと私のような強度の色盲の職選びは違います。 色弱の場合、よほど色の細かい識別が必要なケースを除き、たいていの職業につ…

色覚異常の大学、専門学校選びについて

ここで大学受験についてお話しします。 かつて(1990年代半ばまで)は医学部、薬学部をはじめ、理科系の多くの大学で色覚異常の入学は制限されていました。 私は高校の時、理系クラスでしたが、いざ受験しようと大学の募集要項を取り寄せたところ、行きたい…

学校の健康診断をサボった辛い思い出

色盲色弱でもっとも嫌だったのは、春に行われる健康診断です。 私の頃は、中学は1年と3年、高校も同じく1年と3年の春の健康診断に色覚検査がありました。私にとって、その色覚検査が地獄だったのです。 自分が色覚異常、ということだからではありません。そ…

学校生活で困った体験談①

授業以外で学校生活において色がわからなく、困ったことはけっこうあります。 正常な人が何気なくやれていることが自分にはできない。そういうことはなかなか忘れません。 小学校の学芸会の時、小道具なんかを自分たちで作るのですが、私は大きな十円玉を作…

学校での色覚検査廃止の悪影響について

別の記事でも触れましたが、2003年に学校での色覚検査が全面撤廃になりました。 自分が色覚異常だと知らずに高校生や社会人になり、進路や仕事で困る男の子が増えています。 上のサイトによると、色覚異常を持つ中高生の約半数が自分の障害に気づかず、就業…

学校生活でも学業に支障がある色覚異常

あまり問題にはなっていませんが、色覚異常の子供が学校生活を送る際に感じる不安はけっして小さいことだとは思いません。 実際のところ、学業に影響が出たり、下手をするとクラスから孤立したりするケースもあるかもしれないのです。 大袈裟だと思うかもし…

服選び、困った時はどうすべきか?

色覚異常で普通の人のように楽しめないことの一つにファッションがあります。 とくに服選び。 本当は色んな組合せのファッションをしたいと思っているけれど色に自信がない。 それで黒を中心としたモノトーン系にするか、紺色か黄色といった自分でもわかる色…

見逃しやすい体調の変化に注意しよう

色覚異常だと日常生活で気を付けなければならないことは少なくないですが、自分の体のことで注意すべきは出血です。 赤が見えないため、出血を見逃しやすくなります。 鼻血や擦り傷ならたいしたことはないのですが、怖いのは血尿や血便を見落としがちな点で…

色盲でも青と黄色はよく見えるが不思議なことも

日本人の場合、色覚異常のほとんどが赤緑色盲です。赤緑色盲の場合、一番よく見える色は青色と黄色です。 私も青と黄色はよく見えています。 赤緑色盲である私がパッと周囲の景色を見渡し時、一番目立つのが黄色です。次に青もよく視界に入ってきます。 私は…

色覚異常だと信号機はどう見えているか?

日常生活において色覚異常の人が最大限注意を払っているのが信号機の判別かもしれません。 信号機は色覚障害者にはどう見えているのか、それを私のケースで説明します。 まず、純粋に色だけで赤、青(緑)、黄の見分けはできません。 青信号は薄いブルーで白…

色覚異常の色の見え方について

色の見え方については、その人の程度の具合によってかなり違うと思います。 色弱の人と私のような強度の色盲だと、見え方はまるで違うはずです。 したがって、絶対こうだ、ということは少し難しかもしれません。 ただし日本人の色覚異常の大半を占める赤緑色…

早い段階で自分の色覚異常の程度を知ろう

ひとくちに色覚異常といっても程度の差は個人によってまちまちです。色弱と呼ばれる軽度の異常の場合、ほぼ心配は要りません。 したがって自分がどの程度見えているか、大学病院の眼科など専門家に診断してもらう必要があります。 大切なのは専門家による詳…