読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色覚異常を克服する10の方法

色覚障害(色盲色弱)です。失敗談や対処法、治療法など探るブログ

補色と色覚異常の関係

補色とは、色相環 で正反対に位置する関係の色の組合せのことです。

赤と青緑、紫と黄緑、黄色と青紫などです。

相補的な色のことだから補色。余色、対照色、反対色ともいいます。

一般的に補色の組合せは色が引き立ち、目だてさせる効果があるそうです。

服のコーデや、デザイン、標識などに使われる色のパターンですね。

補色の特徴として、補色同士を混ぜると、光なら白になることです。

光の三原色が必ず入っいるからですね。

プリズムを通せば太陽光線は分解されますから、その逆をやると白い光になる。

補色同士を混ぜると昼間の太陽光線のように色がなくなります。

また、補色と残像に関しても面白いことが起きます。

赤い光をじっと見て、目を閉じると瞼に残像が残ります。

その残像は必ず補色になります。

つまり赤の補色である緑が残像として残ります。

ところで私のような色覚異常の人が補色を見たら、どうなるか。

例えば、緑の光を見つめて、その残像を見ると、正常な人は残像の光は赤です。

私に見える色は赤ではなく、薄い青です。

なぜでしょうか。
これは推論にしかなりませんが、緑の光を薄い黄色と見ているから、その補色である青系が見えるのではないか。

まあ、このあたりはよくわかりませんが・・・